新学事予定と学修支援について -ムサビ生の学びを止めないために-(8/13更新)

「ムサビ生の学びを止めない」ために
新入生、在学生、ご家族の皆さまへ

2020年5月4日
武蔵野美術大学
学長 長澤忠徳

 緊急事態宣言の期限が、5月31日まで延長され、また東京都の緊急事態措置により、本学も入構禁止措置を継続せざるを得ない状況となりました。新入生のみなさんとは、まだ顔を合わすことさえできていません。
 長引く外出自粛要請によって、日常生活はもちろん、制作活動もままならない状態が続いており、みなさんも将来に対して大きな不安を抱いておられることと思います。

 こうしたなか、私がなにより恐れているのは、このコロナ禍による経済的影響により、道半ばにして学修を断念せざるえない学生が生まれてくることです。みなさんが、このコロナ禍によって一人として欠けたりすることのないよう、「ムサビ生の学びを止めない」ために、大学としてできる限りの支援を行うことが、私に課せられた最大の責務だと考えています。

 本学では「コロナ禍により学びを断念する学生を出さない」ことを第一に、可能なかぎりの学修時間を保障することを前提に、個別的、重点的、中長期的に学生のみなさんを支えていく支援策を検討してきました。様々な大学で、様々な学生支援策がとられていますが、この困難な状況が長期間に及ぶことを考えると、本学では学生のみなさんの実情に合わせ、しっかり寄り添った支援をするために、可能な限り「持続性のある学生支援」を財政的にもできるよう独自の学生支援を講じます。今年度の授業開始にあたり、今回お知らせするのは、緊急事態措置に伴う新たな学事予定と緊急対応の第一弾の支援策です。

 本学が永年培って来た世界水準の造形教育の質を維持し、学生のみなさんが、大学生活を全うできるように、私たち教職員も一丸となってしっかり支えます。この余儀なくされた経験で、世界は変わろうとしています。この惨事の後に出現するであろう「New Normal」ともいうべき未来社会を、学生のみなさんが、本学教育で育んだ「創造的思考力」で貢献し実現していくことを、私は確信しています。

以下、通学課程に在籍する学生のみなさんへの支援について、検討結果をご報告いたします。

***

1.学事スケジュール全体の見直し

 美術大学においては、実技演習や実習など、アトリエや工房などでの造形制作が教育の特質です。在学生のみなさん、とりわけ、卒業年度、修了年度の学生のみなさんの制作環境と時間をしっかり確保することを実現するため、年度内の日程をフルに活用して、学事日程のさらなる組み替えを行ないました。
 前期に予定されていたアトリエ・工房での実技制作を必須とする授業については、開設時期を7月末以降に変更し、夏期及び春期休業期間、また芸術祭に予定されていた期間に加えて年末年始の期間にも授業時間を設けます。
 当初の学事予定において計画されていた授業時間数はもちろんのこと、対面授業の時間を考えられる限り確保した学事日程とします。

2020年度学事予定

2.経済的困窮増大に対する学修支援

1)緊急学修支援金(30万円、長期貸与型)

2)緊急貸付金(5万円 or 10万円、選択制短期貸与)

3)緊急対応給付型奨学金(30万円、給付型)

4)学費延納・分納の納付期限再延長

 家計が急変した場合など、期限内での授業料納入が困難な場合には、延納・分納での納入が可能です。緊急措置として、延納の最終振込期限を、前期分は現在の7月20日から8月31日までに、後期分は現在の12月21日から1月31日までに、さらに延長します。なお、既に延納を申請されている場合の振込期限は、自動的に今回再延長した期限とします。
*詳細は、大学webサイトで確認してください。

5)教育ローンの利息負担

 現在在籍中の学生が金融機関等の教育ローンを活用している場合、申し込み時点から卒業(あるいは修了)するまでの期間について、利息を大学が負担します。希望者全員を対象としますが、ローンの種類によって融資条件が異なりますので、詳細を確認し、ご相談ください。
*詳細が決まり次第、大学Webサイトで案内します。

6)既存奨学金制度等の活用

3.学修支援サービス

1)オンライン授業の受講支援(Wi-Fiルーター、iPadの無料貸出)

2)教科書等のオンライン販売

3)郵送等による図書・映像資料の貸出サービス

***

 以上、武蔵野美術大学のコロナ禍に対する具体的な緊急学修支援について説明してきました。繰り返し述べてきましたように、コロナ禍の影響がいつまで続くかは誰も見通せませんし、情勢は日々刻々変化しています。学事予定も支援策も、今後の状況次第では、再度大きな変更を余儀なくされることがあるかもしれません。
 支援策の詳細については細部が決まり次第お知らせします。また、変更が生じた場合にもできるかぎり早くお伝えしますので、定期的に本学Webサイトをチェックしていただくようお願いいたします。

関連記事