Japanese Painting

伝統的な技法、美意識を学んだ上で、日本画を入口とした個性豊かな新しい表現者を育てる。

東洋画の長い伝統を受け継ぎながら、外来文化の影響を吸収しつつ形成、発展してきた日本画。日本人に宿る独特な美意識と精神性から生まれた造形思想、そして優れた材料・技法は、世界の美術の中で個性的な位置を占めています。本学科では、日本画や日本について深く考える過程を大切にしながら、奥深く魅力的な専門技法を習得し、日本画を通して新たな絵画世界を拓いていける力を育てていきます。

日本画学科の教育理念・教育目標、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー、ディプロマ・ポリシーです。

日本画学科の授業の特徴と4年間のカリキュラム概要を紹介します。

日本画学科の教員、研究室スタッフの一覧です。専任教員には詳しいプロフィールへのリンクもあります。

卒業制作優秀作品

日本画学科で学んだ学生たちの制作・研究の成果から、優秀作品を紹介します。

日本画学科の授業から何を学び、どう作品に生かしたかを学生にインタビューしました。

研究室サイト・学科パンフレット

日本画学科の基本データ

専攻分野 日本画
取得可能な資格 中学校教諭一種(美術)教員免許
高等学校教諭一種(美術、工芸)教員免許
学芸員
学生数 1学年 46名
2学年 40名
3学年 45名
4学年 38名
合計 170名(2017年5月現在)
進路状況 作家活動、大学院進学、海外留学など、多岐にわたります。学校教員や講師、学芸員などの他、デザインやアニメーション、ゲーム会社へ就職し、デザイナーとなる卒業生もいます。
入試情報 日本画学科が実施する入試は以下のとおりです。