どんな入学試験制度があるのか知りたい

武蔵野美術大学で実施されている入学試験は以下のとおりです。

【造形学部】

  • 一般入学試験
  • 公募制推薦入学試験
  • 外国人留学生特別入学試験
  • 帰国生特別入学試験
  • 編入学(3年次・2年次)試験

【大学院造形研究科】

  • 修士課程入学試験
  • 博士後期課程入学試験

各詳細は以下のページをご参照ください。

外国人留学生・帰国生特別入学試験について

外国人留学生・帰国生には、特別入試を行っています。詳細は、以下のページをご覧ください。

入学試験資料が欲しい

まだ本学についての資料をお持ちになっていないようでしたら、まず大学紹介資料基本セットをご請求ください。本学の概要についてまとめた冊子を送付いたします。詳細は、以下のページをご覧ください。

大学見学・来校について

詳細は以下のページをご覧ください。

オープンキャンパス・進学相談会に参加したい

本学では、6月と8月にオープンキャンパス、4月から11月にかけて全国各地で進学相談会を開催しています。 各詳細のスケジュールについては、以下のページをご覧ください。

入学試験場はどこですか?

本学の入学試験はすべて鷹の台キャンパス(東京都小平市小川町1-736)にて行っています。
アクセスについては以下のページをご覧ください。
国分寺駅からのバスは試験当日には増便しますが、道路事情等によって遅れることがあります。また、時間帯によっては満員で乗り切れないこともありますので、なるべく鷹の台駅からの徒歩経路を利用することをお勧めします。

入学試験場の下見はできますか?

通常の大学見学時に行ってください。
詳細については、以下のページをご覧ください。

入学試験のときの宿泊先はどこに相談すればよいでしょうか?

大学から直接ご紹介はしておりませんが、代わりに近畿日本ツーリスト(株)立川支店(tel:042-523-2441)へお問い合わせください。

合格後の下宿先・アパートの紹介について

本学では大学周辺のアパート紹介を「株式会社共立メンテナンス」に業務委託しています。平均的な家賃としてはワンルーム、1Kで4万円から5万円程度です。

取得可能な資格について

以下のページをご覧ください。

他大学との単位互換制度や提携について

留学制度について

以下のページをご覧ください。

奨学金制度について

詳細は以下のページをご覧ください。

美術大学出身者の就職について、一般の大学と違う点はあるのでしょうか?

美術系大学の就職の特徴は、美術・デザインの専門分野を活かした専門職志向です。専門職の採用は美術系大学の出身者に限定されて募集されることもあります。
専門職の採用過程では作品集(ポートフォリオ)のプレゼンテーションが求められます。作品を画像として残し、制作過程も含めた論理的な説明を考え、個性豊かに美しくまとめて表現する力を計画的に修得することが大切です。
美大生のキャリアパスは新卒の就職に限らず、卒業後アルバイトをしつつ作家活動をしたり、デザイン事務所でアルバイトによりスキルを磨き正社員への登用を目指すケースなど多様です。留学や大学院進学という進路もあります。またコミュニケーションのスキルを活かして総合職の企画営業や広報で才能を発揮するケースも見られます。
本学は学部3年生の春からスタートアップガイダンスを開始し、インターンシップ、学科別のガイダンスなど、キャリアを考える基礎から、進路決定まで段階的に指導を行っています。
3年生の5月以降は各学科別のキャリアセンター担当者が個人面談で進路指導を行います。

卒業後就職できるかどうか心配です

就職希望者のうち、例年6~8割は卒業までに就職が決定しています。キャリアセンターでは就職希望者に対し、ガイダンスや個人面談を通じて卒業まで全面的に就職支援を行っています。

キャリアセンターではどのような就職支援体制を採っていますか?

キャリアセンターでは年に数回の就職ガイダンスやポートフォリオ指導会といった各種就職講座を実施しているほか、4年生の就職内定者によるポートフォリオ説明会、各種イベントといった行事を年に数回行っています。近年ではOBOGにお越し頂き、ポートフォリオを指導して頂いたり、仕事内容についてお話頂く機会を設けるなど、多種多様な行事を主催しています。また個人面談で学生一人一人に対して個別の進路相談も行っています。さらに、大学独自の求人検索システムを持っており、学校に届いた求人をインターネットを通じて在学生のみに公開しています。

就職支援において他の美術系大学との違いはありますか?

キャリアセンターでは企業によるポートフォリオ・プレゼン指導会や業界職種研究会などのイベントのほか、年間100社以上の会社より、学内で会社説明会を実施頂いています。在学生は学外に出向くことなく、授業終了後に学校で会社説明会を受けることができるなど効率的に就職活動を行うことが出来ます。また、キャリアセンターでは過去の卒業生のポートフォリオを保管しており、在学生は所定の手続きを受けることで、それらのポートフォリオを自由に閲覧することができます。

進路先にはどのような特色がありますか? ○○学科だとどういった進路を選ぶ人が多いのでしょうか? ○○関係の会社に就職したいのですが、どの学科に進んだほうがよいでしょうか?

卒業後の進路もデザインやアートに携わることのできる業界・職種への就職を希望する学生が多数を占めます。求人も同様に、クリエイティブな業界、企業・団体からのものが多数を占めます。例えば油絵・彫刻などの美術系学科の卒業生は、公・私立の小・中・高等学校の教員といった進路を希望するものが多く、視覚伝達デザインや基礎デザインといったデザイン系の学科は、広告代理店やデザイン事務所、工芸工業デザイン学科であればメーカーのプロダクトデザイナーといったように学科ごとに特色があります。

作家活動や進学といった進路を選択する学生はいますか?

民間企業への就職や、大学院への進学以外に、卒業後も作家活動を選択する学生もいます。進学者の割合については年度によっても異なりますが、大体1~2割程度です。